Fun to Blog

~あなたの毎日に色どりを~

夢に大きいも小さいもない 〜今よりちょっと楽しみな世界を考える〜

f:id:bookbird:20210327154118p:plain

皆さんこんにちわ。

突然ですが、”夢”ってありますか(^^)?

別にあるから良いとか悪いとかではないのでご安心を。

 

夢の定義が難しいですが、私的表現をするとこうです。

『今よりちょっと楽しみな世界』

 

だから、

・億万長者になる

・結婚をしたい

・有名人と会う

など大きな夢もあれば

・明日晴れれば良いな

・友達ともっと仲良くなりたいな

・病気にならないで歳をとる

など些細な期待でも私は素敵だと思います(*^^*)

(勿論天気は自分ではどうにもできない事ですが(^^;;)笑)

 

友達と”仲良くなりたい”というのが夢と表現するのかについて疑問がある方も多いと思いますが、決して悪い事ではありません。

そしてそんな夢が叶うのならばあなたの心は少し晴れやかなものになりますよね。

それで良いと思います。

 

でも夢について話をする上で大事な事がもう一つ、

それは

『実現させる為の行動をとる事』

ここが難しいんですよね(^^;;)

夢を叶える為には、一人でできる事には限界があります。得意分野だったり苦手分野だったりがあるなかでおそらく、苦手分野だからこそ夢が夢のままで立ち止まったままになってしまう。

でも一緒に伴走してくれる仲間、もしくは引っ張ってくれる先駆者の応援があれば”はじめの一歩”を踏み出す事ができるはずです!私もそうでした(^^)!

 

でも、一歩を踏み出したその先には確実に楽しい未来が待っています。

ここには一つ忘れて欲しくない大事な事があると思っていて、それは

『素直に夢に向かって進んでいることを喜ぶこと』

この事を実感できると「次は何をしよう」と気持ちが前向きになるんです。

『よし、まず一歩目を動き出せたぞ(^^)』

『昨日とは違う自分良いじゃん(^^)』

もし家族がいれば

『ヘヘーン!私はやったぞ(*´꒳`*)』なんて言ってみてください。

きっと「どうした?」となりますがスルーです…笑

でも嬉しいと言う事を口に出す事で、さらに前向きな気持ちが出てきます。

(できれば独り言ではなくて、なるべく人に伝えた方が本当に楽しくなってきますので是非お試しを!)

 

ちなみに、私の好きな本で『小さな習慣』という本があるのですが、この本では

「笑えるくらい小さな習慣から始める事でその後のハードルは大きく下がる」というような内容が書かれていますが本当にその通りなんですよね。

どういうことかというと”筋トレをしたい人は腕立て伏せの体勢をとる事から始める”と言った感じです。そこから1回、2回と数を増やしたりしていけば良いんです。

もし気になった人は読んでみてください(^^)!オススメです。

 

そうは言ってもきっかけがないと動けないのが人というもの!

私も家にいると怠けてしまうのですが、”やる気スイッチ”を入れる為にしている事は3つ

  • 他人の目が気になるところに行く(環境を変える)
  • ジャズを聞く事(モチベーションが上がる方法を見つける)
  • チャレンジする事を誰かに伝える(やらないといけない環境を作る)

 これらが怠け癖のある私が動ける秘訣になります。

 

 

そして最初の一歩が踏み出せたのなら、達成するところまでいきたい。

という風に思うのが普通だと思うのですが、達成する為に悦びに浸っているだけだと進まないですよね。

継続が必要です。

近道をしたいのであれば、”誰かの力を借りたり””誰かに教えてもらったり”もしくは”自分で知識をつける”事が大事になってきます。

誰かを頼ることは決して恥ずかしいことではないですし、人はより良くなろうとする人に好影響を受けます。

実際に行動を起こしていたり、相談をする事で

「なになに(^^)?」と聞かれた方も嬉しい気持ちになりますし、

夢を語る事で

「なんだか頑張ってるね、私も頑張らなきゃ」

「なんだか素敵なことしてるね」

こんな言葉をいただける事があります。

そのくらい、夢を追いかける人は自分だけではなく自分の周りにもポジティブな影響を与えているんですよね(^^)

 

是非一緒に楽しみながら夢を追いかけていきましょう(^^)

私もまだまだやりたい事がたくさんあるので勉強と活動がんばります!

 

そして今回のブログの締めですが

最後に私からの提案です(≧∇≦)!

夢を持っているそこのあなた!!

是非私にお手伝いさせてください(≧∇≦)b!

 

 

できることは決して多くはないです器用になんでもできる人ではありません。

でも「何かの為に頑張る人」「何かに向かって進む人」は大好きです(^^)♡

そして自分がいいと思った事をシェアする事が私が「楽しい」と思える事であります。

なのでこれから私にお手伝いできる事について簡単にまとめるのでもし良かったら声をかけて貰えれば、喜んでお手伝いさせていただきたいです(^^)

 

私が提供できる価値 

知識の共有

※今まで本で得た知識、体験から得た気づきなど惜しみなく共有させてください(^^)

例えば、

  • 初対面でもすぐに仲良くなれる方法
  • 仕事の効率化の方法
  • 夫婦仲をより良くする方法
  • 人生をよりよく過ごす方法
  • 対人ストレスの対応方法
  • 自分を大切にする方法

情報拡散のお手伝い

自分で何かを発信している方々もいらっしゃる中、

SNSとか使わないからSNS集客できない」

「ブログとかで発信できればもっと届くんだろうけど、どうしたらいいかわからない」

「シンプルに投稿する時間がない」

「どう投稿したら良いかわからない」

と言う方も多くいらっしゃると思います。

そこで私に声を掛けてもらえればぜひあなたの素敵な価値を拡散するお手伝いをさせていただければと思います(^^)

 

シェアするにあたって手順を考えているので参考にしてください

  1. あなたの活動やお店の事業内容を教えてください(コロナ禍で不謹慎かもですが、可能であれば直接対面でお話を聞かせてください)
  2. あなたの活動やお店を始めるきっかけやエピソードを教えてください
  3. 今後の熱い想いを教えてください。
  4. 可能であれば活動の一部を見せて貰えればより熱くシェアする内容にします!

こんな流れでお話を聞かせていただければ嬉しいです。

私の場合ブログでの発信をする事でお店や活動の事を検索する事でヒットさせる事が可能になります。SNSとは違う良い所ですよね(^^)

 

学習補助活動(書籍の内容とする)

読書をしながら活動を進めていくうちに気づいた事ですが、大人になっても勉強をするとするほどできる事が増えて行ったりします。

そしてその知識をアウトプットする事で、自分の学びになり、ディスカッションをする事でより深いレベルで知識をつける事ができます(^^)

 

私の方に「この本についてディスカッションしませんか?」と言う話を貰えれば、自分が読んでいない本であっても合わせて読み進めて自分なりの考えをお伝えしたいと思います。

 

是非お試しください(´∀`*)

 

 

 

ここまで夢を持つ事と私のお願いについてお話しさせて貰いましたがいかがでしたでしょうか(^^)?

私自身割と夢とか理想を語る事が多く、言葉に出して夢を追いかける素晴らしさを体感している為、是非みなさんにも何かを感じて貰えればと思い今回ブログにさせて貰いました。

何か影響を与えられたら幸いです(*´꒳`*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは今日もあなたにとって素晴らしい1日になりますように(≧∇≦)b

バイバイ( ^_^)/~~~

ストレスに立ち向かう5つのステップ〜ストレスは対応するだけじゃダメ!〜

f:id:bookbird:20210215005453p:plain

毎日何かしらのストレスに悩まされる人は少なくないと思います。

今日はそんな”ストレス”について私自身が出来ていなかったこと、そしてこれからどうして行くべきなのかを考えてみました。

 

良かったら読んでいって下さい(≧∇≦)/

ストレスに立ち向かう5つのステップ

 

①ストレスを認知する

 まずは

ストレスとは何か?という所から考えていきたいと思うのです

Wikipediaより

ストレス(英:stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である

つまり、”不安”や”嫌悪感”自体がストレスではなく、自分以外から受ける感覚のことをストレスといいます。

 

ここで私がまず言いたいこととしては

”ストレスをストレスと認める”

この事を今一度考えてみて欲しいんです。

普段何気なく、「いやだなぁ」とか思うことってありますよね。でも多くの人はここで愚痴を吐くか我慢をするかをしてスルーしてしまいます。しかし自分の中で解決してしまっては、結局同じことの繰り返しになってしまいます。

 

『私は今ストレスを感じていてそれをどう感じたか』というのは自分にとっても相手にとってもとても大事なことです。

まずはこの瞬間を逃さないようにするといいかもしれません。

②自分の気持ちと向き合う

ストレスを感じた先に『私はどう思っているのか』『なぜそう思っているのか?』を考えてみましょう。

ストレスを感じた私が”嫌だ”と思うのなら、”なぜ嫌なのだろう?”を考えてみましょう。

その理由はおそらく同じではないはずです。

私の場合、嫌だなと思う背景には大抵の場合「身勝手な期待値」(この人はこのくらいのことをするだろうと期待すること)から来ているものが多い事を知っています。

その他、自分を守る為(自己防衛)の為にストレスを防ごうとする感情だったり、プライドから来る場合もあると思います。

 

この”なぜ嫌なのだろう?”の部分は時間をかけてでも向き合うことをお勧めします。今後誰かのために行動をする際にも影響がありますし、自分がストレスを感じにくい環境に身を投じる良いきっかけになるでしょう(^^ゞ

③気持ちを吐き出す(書き出すor声に出す)

私は誰かに頼る事が大の苦手です。理由は「迷惑をかけて申し訳ないから」なんですが、最近気づいた事があります。

それは

文字起こしをするよりも、声に出して「しんどい」という事。

これは決して恥ずかしいことではありません。人は生まれた時から一人じゃ何も出来ず迷惑をかける事から始まった生き物です。弱音を吐いてもいいんです。

できるのであれば、自分の感じたストレスに対する感情を自分で説明してみましょう。

「私にこんな事があって、こう思った。その理由はこうだからだと思う」

この言葉に一番影響を受けるのはまた自分です。

自分の言葉は、やまびこのように自分の中で響きます。その上で、相談相手から共感の言葉をもらえればきっとあなたはこう思うでしょう。

「私だけじゃないのかな…」

こう思えたらラッキーです。

 

だから私は妻や友人に悩みを相談するようにしました。

結果、自分との向き合い方が昔より少し上手になった気がします。立ち直りが早くなりました(⌒▽⌒)☆

 

ぜひ、自分の声で、言葉にしてみましょう!

④ストレスの原因(要因)を考える

さて、ストレスについて自分の中での整理がついたら今度は『ストレスが発生した原因もしくは要因』を考えていきましょう。

 

最近の私の例で言うと、『子供たちがYou tube閲覧を辞めようとしない事』によくストレスを感じてしまいます。そして「見るのはおしまい」「〇〇時までっていったでしょ!」など、頭ごなしに叱っていました。

 

これはよくないと思いつつも同じことを繰り返す日常。

そんな負の連鎖が起きている状況はなんで作られているんだろう?と考えてみました。

その理由はいくつかあります。

ちなみにそれを解決すれば万事OKなものは”原因”

いくつかの問題を解決すればOKなものは”要因”

として考えて下さい。

  • Youtubeが面白いから”もっと見たい”と思わせる
  • Youtubeを見る他にやる事がない
  • なぜ辞めなければいけないのかを理解してもらえていない

これらを考えてから、ビジネス書を読み漁っている私は思いました。

「課題解決は仕事も家庭も同じように考えてみればいいのではないか?と

⑤ストレスの解決策を考える 

これらの事は私には何も出来ない事なのか?とふと考えてみたのです。少し考えたら私にできる事はいくつかありました。

  • もっと面白そうなことを提案する(絵本の読み聞かせや、スポーツなど体を使って遊んだり)
  • ルールを決めて、そのルールは何のために守らなければいけないかを考える
  • 何かの家事を一緒にこなし、一体感を高める(意識の方向を変える)

頭ごなしに叱っている割になにもアクションを起こさない私。

同じ状況に吠えている私は何をしているのだろうと思い落ち込みました。

 

そうなんです、やれるべき事はあったんです。もちろんストレスの種類によっては影響を及ぼせない事も多くあると思います。しかし、大抵の場合、自分の影響の範囲外にある出来事というのは自分の中で割り切る事ができるはずです。

 

行動しなければ、アウトプットしなければ世界は何も変わりません、人も変わりません。

考えている、感じているだけでは何も変わらないのですから、ぜひ『私にできる事』までを考えて行動に移してみましょう(^_−)☆

ちなみに私の子供たちは時間を決めてYoutubeを見て、その後絵本を読む習慣を少しづつつけられるようになってきました!

 

最後に 

いかがでしたでしょうか?

普段ストレス社会に生きるあなたにとって少しでも役に立てればと思い書かせてもらいましたが、私がこの5ステップを踏む事で少しづつストレスに対する”対処の仕方”が改善されて、同じことを2度繰り返す事は少なくなってきた経験があったのでブログにまとめてみました。

 

大事なのは、『同じことを繰り返さないこと』です(≧∇≦)/ 

ぜひ一度取り入れてみることをお勧めします(≧∇≦)/

信じるか信じないかはあなた次第Ψ(`▽´)Ψ

 

それでは今日はこの辺で終わりたいと思います。

今日という日が良い一日になりますように(´ε` )♡

バイバイ(*^▽^)/

一歩踏み出すことの大切さと可能性の話~#オンライン青森冬景色を終えてみて~

こんにちわ(*^^*)

昨日2月6日、青森県と北海道道南地区の各所をオンラインで繋げ、グルメやイベントを紹介する『#オンライン青森冬景色』が開催されました。

f:id:bookbird:20210207095724j:plain

 

私は運営スタッフとして僅かながらお手伝いをさせてもらいましたが、本当に

関わらせて頂けて本当に良かった(´;ω;`)

と思いました。

 

そう思えた経緯とそう思えた私の中の思考を文字起こししながら、

〝一歩踏み出すことの大切さと可能性〟

について今日はお話させて頂けたらと思います。

良かったら読んでください(*^^*)

 

一歩踏み出すことの大切さと可能性

夢の達成のためにできる事を考え、新たな挑戦を決めた「きこさんからの誘い」

私は以前からブログやSNSで発信もしていますが、『人の背中を後押しできる仕事を作りたい』という事で〝2025年までに青森県八戸市にブックカフェを開業する〟を目標に掲げ活動を少しづつ始めようと思っていた11月、知り合いの【きこさん】から

 

「オンライン青森冬景色っていうイベントあるんだけど高木君てパソコンできる(*^^*)?」

そう聞かれた私は

・会社員として11年働いてきた事から”何をするかもわからない中”

「多分人よりは知っていると思いますし、分からなかったら調べれば何とかなると思います」

と少し虚勢を張りながら言いました。

 

社会人になってからイベントのスタッフとして何かをするというのは、趣味で行っているバドミントンの協会理事としての活動くらいだったので、〝新しい事〟にチャレンジするのは30歳になって初めての事でした。

 

自分の夢を叶えるために必要だと思っていた事として

・人脈を広げたい

・何かの価値を人に広める。という事を一つでも体感したい

・どうやって相手に届けるのかを知りたい

など、このイベントに携わるにあたってざっくりと「こんな事学べたらいいな」位の軽い気持ちがあったのも正直なところです。

 

こうして私のスタッフとしての一歩は踏み出されました。

凄い人達に囲まれて考えた「私にできる事とはなにか」

会社員として割と「言われた事をこなす」事がどうしても多い中、

 

「話を受けたのはいいけど何をすればいいのだろう?」

と完全に”受け身”からスタートした私ですが、すぐに気づくことになります。

『ここに指示待ちの人なんていないんだ』と!

 

少なからず、方向性として「○○さんこれをやっておいてもらえると助かる」という話は絶対に出ますし、そうでないとバラバラになってしまいます。

しかし初めてオンラインのミーティングに参加した時に皆さんが発言する時にこう言っていたのです。

「私○○やりますね、こんな感じ(自分のイメージを表現)でいいですかね?」

 

皆さん代表の方の想いに共感をして集まってくれた人達

(※ちなみに間違って欲しくないので予め言っておきますが、運営事務局やスタッフの方は一切金銭的報酬はありません!最低限運営の為の資金と出展者さんへの支援の為にお金を募っていたということです)

そんな、想いに寄り添う形で提案される内容はもちろん間違っている事は無くて基本的には

「了解です。よろしくお願いします(*^^*)」

と話が進んでいきます。

 

正直「すごい人達だな」と感じていた私は改めて考えてみるのです。

「私にできる事は何だろう?」

答えは、難しいけど簡単な事でした。

〝やってみよう〟

私がこれまで”経験してきた事”というのは限られていてその経験は変えられることはありません。そんな小さな経験値から導かれる「できる事」というのは限られているので、なんとなく「こうすればできるのかなぁ」と思いたったら検索してやってみて、分からなければわかる人に聞いてみる。そうする事にしました。

 

それでも、少ししかやれる事はありません。しかしミーティングを重ねていく中で暖かい言葉を貰いました。

「TTありがとう」(TTとは私のこのコミュニティでの呼ばれ方です(*^^*) )

会社員として働いている人の多くは「ありがとう」と言われる事に対して飢えている部分が多くの人が共感できる部分だと思います。

私も例外ではなく本当に嬉しかったです。

 

 

もっとできることは無いかな?と考えられるようになった「小さな承認」

自分的には大したことなくても、他の誰かからすると嬉しかったりするものってありますよね。今回私が「ありがとう」と言ってもらえたことで感じた事がありました。

 

それは

『私には少しでも価値がある』

そう思えました。

 

そしてそれが主体的な行動によるものであるという所が大事だったんだと今になると思います。

人は誰かに認めてもらいたい”承認欲求”というものがありますが、言われたことをするだけの承認は上辺だけの承認と言っても過言ではないかもしれません。

しかし、同じ想い(ビジョン)のもと主体的に行動した事が認められた時私はその感覚と共に

『もっとできることは無いかな?お客さんやこの人達の為にできることは無いかな?』

と考えるようになったのです。

 

言うなれば小さな承認から次の承認を探しに行くようで承認欲求に囚われていると思われても仕方がないかもしれません。正直承認欲求は強い方だと思いますしね。

しかしそこで大事になってくるのは〝私がやりたい事である〟という

主体的承認欲求行動

という事です。(私が思う言葉をつなげた造語です。)

 

自分がこうしたい、こうすると自他共にWIN-WINであるという事は私にとってはそれだけでものすごい動機になります。

 

そこには私の価値観を私自身が言語化してきたからではありますが、あなたの価値観に沿った何かが発揮できるものもあると思います。

 

やってみる決意→小さな行動→小さな承認→次の行動の動機

この流れが私の中でできたのです。そこに〝主体性〟が加わる事が大事なのかな(*^^*)

という事です(^_-)-☆

一人で何かを成し遂げる必要は無い「コミュニティの力」

とわいえ、とわいえですが、一人で何かを成し遂げる事は到底不可能で私にできる事は少ないし他の方に対してもリソースが圧倒的に足りません。

大きなことをする為には小さな積み重ねを大きくする必要があるので、一人でできる事には限界があります。

 

だからこそ大きな事を実現するために〝コミュニティ〟だったり〝チーム〟があるのだという事を本当に実感しました。

 

自分にできる事、得意な事は人それぞれだけど、それが合わさる事でそれは1+1ではなく1+1以上の価値になります。だからこそ今回のイベントは沢山の人が笑顔になったのだと本当に思います。

 

イベント当日に私が参加できたのは本当に最後だけでしたが、コメント欄や画面に映る皆さんの顔は凄くキラキラしていて本当に楽しそうでした。

コロナ禍で人と繋がりずらいこのご時世で沢山の人がこんな形で繋がったのは歴史的にも凄い事なんだろうなと個人的には思います。

 

これは紛れもなく一人の力ではありません。コミュニティの力を感じた昨日でした。

このエネルギーはここで終わる訳では無く、今後沢山の人へとまた渡されていく事でしょう。

 

 

私の夢も一人では成し遂げられません、沢山の人に「私にはできない事」をサポートしてもらう事はたくさんある事と思います。

 

しかしそこには想いやビジョンが必要になります。共感してもらえる人でありたいし共感してもらえる夢でありたい。そう思っています。

 

是非皆さんの夢を教えてください(*^^*)

私にできる事は何でもします(*^^*)

 

一人じゃないからできる事がある!

これが分かっている事は大きな財産ですから(^_-)-☆

まとめ

長々と語らせてもらいましたが、これが私が今回〝#オンライン青森冬景色〟の運営サポートをして感じた事の全てです。

 

いかがでしょうか(*^^*)?

私のこの経験は私にしかありませんが、この経験から感じた経緯については自分に落とし込むこともできるのかなと思いブログにしてみる事にしました。

 

少しでも役に立てれば幸いです。

是非これからも一緒に何かしましょう(^_-)-☆

私が興味がある事は私から声を掛けさせていただきますが、声をかけて頂いても喜んでお手伝いさせていただきます。

 

まずは〝最初の一歩から〟です!

 

是非一緒に人生楽しんじゃいましょう(*^^*)

それでは今日も最高の一日になりますように(^_-)-☆

バイバイ(@^^)/~~~

 

『2025年までに八戸にブックカフェを開店する』の夢ができた経緯を全てお話しします(*^^*)

f:id:bookbird:20210130121241p:plain

突然ですが、私、本日をもって30歳になりましたぁ(*^ー^)ノイェーイ✨

 

という事で今日は、私が最近散々言いふらしている

『2025年までに八戸にブックカフェを開店する』

という夢を追う事になった理由を振り返っていきたいと思います(*^^*)

(もしかしたら、子供達が将来このブログを見てくれたらと思うと目頭が熱くなります)

 

それではさっそく行ってみよー(^O^)/!

 

『2025年までに八戸にブックカフェを開店する』の夢ができるまで

20代スタート:バドミントン沼にハマり仲間が増える

私は小中6年間野球をしていたのですが、正直体も小さくうんづ神経はそこそこでしたがやはりずば抜けていいというわけでもありませんでした。兄の影響で選んだ野球でしたが、ずっと違和感がありました。

 

「自分が出ても出なくてもほとんど勝ったり負けたりすることにあまり効果が無いのかな?」

 

そう考えていました。

そして高校に上がる時に「とりあえず野球を辞めて新しいスポーツがしてみたい」と思い、始めたのが〝バドミントン〟これがおそらく人生の一つのターニングポイントとなってくるのだと今では思います。

 

初めてすぐに面白さにハマりました。

理由は簡単

『自分が頑張れば勝てるし、弱ければ勝てない。だったら沢山練習すれば勝てるんだ♪』

要は、私は〝自己貢献感〟を味わうことが好きなのだなとこの時自己分析できたのです。高校時代は、本当に部活が楽しくて、授業が終わったらすぐ練習をしに走って体育館まで行き、チームメイトと切磋琢磨していきました。

そして、筋トレや地味なトレーニングについても意外な事に「嫌だ」とか「やりたくない」という感情はほとんどなかったともいます。

そこに「やる理由」を見出していたからです。

 

この時から〝目標に向かって進む方法〟を何となく体感します。

 

 

そして社会人になり、当たり前のように社会人になってもバドミントンを続けた私は、〝沢山の人と話ができる事〟〝やればやるだけ、もっと上の世界で楽しめる事〟を感じ取りバドミントン沼にハマっていきます。

 

多い時では週八回練習をしていました。月火水木金土土日といったように。

沢山の先輩方や他地域の方との交流で色々な価値観を何気なく感じていく事で少なからず「世界にはもっといろんな人がいるのだろうな」と感じていましたが、当時はバドミントンの楽しさだけで動いていたので、これは”今振り返ったらそう思う。”という自己内省です。

 

24歳:理想となる人物像を見つけ、近づくために読書を始める

私は高校卒業後すぐに就職をして、何不自由なく持ち前のポジティブさを生かし毎日そこそこ楽しく仕事をしていたと思います。

しかし、色々学んでいく内に会社の方針ややり方に対する疑問も芽生え始めた就職6年目の24歳。

 

あるフォーラムに参加し、一つのスピーチを聞いたことで私に衝撃が走りました。

その時のスピーカーの方が

『当たり前だと思う事を当たり前のように話している』

この事に私は衝撃を受けました

 

〝当たり前〟と言われている事って意外とできていない事ってたくさんあるんですよね(^^;;)

それを当たり前のように言い切れるスピーカーの人に心動かされた私は

『どうしたら高水準の当たり前を当たり前にできるかな?』と考え始めました。

その答えが〝読書〟でした。

 

私はこの時から読書を無理やりスタートさせ、毎日20ページ程度を読み進め1ヶ月を持ってやっと1冊を読み切りました。

これまで1冊も読破したことなかった私は、一つの本を読み切ったことで多くの事を学びました。それは

  • 活字が苦手と思い込んでいた私でも、少しづつなら読めるんだ。という自分を体感
  • 本を読むことで確実に成長できるという確信
  • 読み切るというやり切る事の大切さを学ぶ

これらは、私がブログやSNS、強いてはイベント参加する事の源泉になっています。

 

※ちなみに最初に読んだ方は《トヨタ仕事の基本大全》でした。

25歳:Twitterを始め、自己啓発投稿を始める

3冊くらい読み終えた頃、ふとSNSを始めてみようかな?と思い始めてみたのがTwitter

本の中に〝アウトプットする事の意味〟を読んだのが原因です。

しかし、facebookは割とビジネス寄りだよな…Instagramはキラキラした人たちが使うものという認識があったので手が出せず、選んだのがTwitter。ただそれだけの理由でした。

 

しかしここでも衝撃が走ります。

都会のキラキラビジネスパーソンたちがバンバン〝意識高い系ツイート〟をしているじゃありませんか( ;∀;)!!

まずは似たように意識の高い投稿を毎日3個は上げようと思った私ですが、そんなうまく言葉で表現できる程知識も語彙力もなかった私は、フォロワーは伸びませんでした。

 

まぁ正直フォロワーが伸ばして何がしたいと聞かれても「アウトプットしたいからアウトプットしてるだけ」そこに副産物として、〝自分の振り返り〟になるという事を実感していただけだったので、最初はそこまで意味合いを持っていませんでした。

しかし、徐々にいいねを押してくれる人が増えていく中でまたもや

〝自己貢献感〟を感じる事になります。

それと同時に〝Twitterの140字制限は私には合わない部分がある〟という感覚も芽生えてきました。

 

そこで

「みんなにこの知識や知識を生かした経験を皆に伝えるにはどうしたらいいだろう?」

と考えて始めたのが〝ブログ〟だったのです。

28歳:ブログをゆるーく始める

ブログの設定を完了し、何となく始めてみたブログ。

色々な問題が発生します。

「書き方が分からない」

「良いねして貰えない」

「誰からもレスポンスが無い」

そりゃ当然のことでした。

 

なにせ〝届ける努力〟をしていなかったから。

今でも届ける努力はまだまだ足りませんが、何となく何をするべきなのかはわかっています。

 

そんなこんなで28歳で書いた記事は10もいかないくらい。

正直あまり誰かの為になった当初のブログではなかったと思います。

 

しかしこの〝ブログを始めてみた〟というきっかけ作りが29歳の私に変化を与えてくれるとは一昨年の私は思っていませんでした。

29歳:ブログに力を入れ、夢を見つける(Instagramも始める)

28歳の時の私の半生を踏まえ29歳の私は、1つの目標を立てます。

 

『今年だけでも最低12冊の書評ブログ、最高で24冊位投稿してみよう』

 

結果としてかけたのは20冊、

私が読んで「勉強になった」と強く思えるおススメを20冊投稿してみました。

※その中でもオススメの3冊はリンクを張るので良かったら読んでください(*^^*)

7つの習慣

www.funtomyself.com

②才能の正体

www.funtomyself.com

③ 嫌われる勇気

www.funtomyself.com

 

15冊目を書き終えた頃から、周りの人たちから少しづつご意見を貰えるようになってきました。

 

「ブログとかSNSとか頑張ってるね(*^^*)」

「この本私も買ってみたよ(*^^*)」

「すごい勉強になった(*^^*)」

 

本当に嬉しかったです。継続していてよかったと本当に思いました。

しかしその反面歯がゆい部分もありました。

 

「自分には難しいかな」

「本を読むのは苦手」

「本を読む時間がなかなか取れなくて」

 

このような意見を同時に貰う事が多かったのです。

私は、少しづつ興味本位で何かを始め少しづつ世界観が広がってきたので、今ではこのように考えられるようになりました。

そしてこの一歩づつの経験が確実に自分を充実させている事を知っています。

 

そこで私は思いました。

『あと一歩を踏み出せない人』の背中を押す、一緒に夢を叶えるための場所を私が作って、共同体感覚を持ちながら沢山の人の夢を応援出来たら、そのさらに向こう側の人たちまで幸せにできるのではないか?
だからこそ、もし自分の力が少しでも役に立つのであればできる事をしたい。

 

こう思った私が決めたのが

『八戸にブックカフェを開店する』

という夢になりました。

30代スタート:夢を実現する

夢にはいろんな形がありますし、アプローチの方法も色々あると思います。

それが、知識だったり、健康的である事だったり、容姿がきれいである事だったりと多方面で磨いているほど人はより前向きに進めるのだと思っています。

 

なので、今考えている事業内容として考えているのが

  • 知識のサポート:本の販売や貸し出し、本の内容をセミナー化したりして、色々な角度から情報を共有できるようにすることで多くの人の〝知識〟を一緒に広げたい。
  • 健康のサポート:長く楽しく生きるためには健康が何よりの投資であると思っている為、健康てきな食事を提供する事で、お客さんの〝持続可能な充実〟をサポートしたい。
  • 美容のサポート:もし人前に立つのであれば、雰囲気が良い人である事が一つのアクセントになると考えています。私自身、メンズの肌ケア商品を使うことで自分に自信が付くようになりました。少しでも自分に自信を持つことで夢の達成に近づけられたら、嬉しいなと思っています。

 

この3つを軸にお客さんの人生をより彩り豊かなものにトータルサポートできたらと思っています。

 

 

この話を知り合いにしているのですが、今の所頂いている意見は好評で

「そんなお店有ったら絶対行く(*^^*)」

「本と食事とエステは中々くて面白い(*^^*)」

「絶対成功させてね(*^^*)応援してるよ(^^♪」

と本当に嬉しい事を言ってもらえました( ;∀;)

 

応援していただくける事は本当にありがたい事で期待には絶対応えたい!

そして多くの人たちの笑顔が見れる可能性が少しでもあるのなら私は人生を掛けてチャレンジしてみたい。

 

そう本気で思っています(*^^*)

まだまだ30歳。されど30歳。

若いです。まだまだ知らない事が沢山あります。

皆さんの協力を仰ぐこともしばしばある事も多々あると思います。

 

絶対に成し遂げます。

応援よろしくお願いします。

 

それでは今日も皆さんにとって素敵な一日になりますように(*^^*)

バイバイ(@^^)/~~~♡

#オンライン青森冬景色 ~みんな2月6日楽しみにしてて(*^^*)~

f:id:bookbird:20210129005842p:plain

みなさーん(*^^*)

2月6日は予定がありますか(^^♪?

もし予定がない人は、まずこのサイトをチェックです!!

onlineaomori.com

2月6日#オンライン青森冬景色

 が開催されます(*^^*)

 

〝お祭りが好きな人〟〝青森が大好きな人〟〝イベントが好きな人〟など、ワクワクするのに必要なイベントが盛り沢山です(*^^*)!!

 

昨年は夏祭りがあって、大盛況だったとの話を聞きましたが、すみません…

私は知るのが遅くて盛り上がりを体験していません(´;ω;`)

 

 

けれど今回実はイベントのお手伝をさせてもらっていてですね、色々な企画の話とか裏側で飛び交っている想いを聞いていて『ものすっごくワクワク』しています(*^_^*)♡

 

ちなみにですが、ニュースにも多数取り上げられているビッグイベントなのです(*^^*)

↓↓↓ニュース記事はこちら↓↓↓

Yahoo! ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/13e762fd5b0c4124e45e59368129d32125a1f175
オリコンニュース

https://www.oricon.co.jp/article/1405054/

デーリー東北デジタル

https://www.oricon.co.jp/article/1405054/

他にも挙がっているのですが割愛します(*^^*)すみません。

 

今回私の中で大好きな企画がありまして!

何というか

ロマンチックだし

コロナ禍でも届けられるメッセージ

多くの人の暖かさ

が詰まるであろう

”雲の谷の”イグルー異世界体験(スカイランタン)

f:id:bookbird:20210129010451p:plain

僭越ながら私も応援メッセージ上げさせてもらいました(*^^*)

本当にこの今の状況を少しでも打破したい。

明るい日本のニュースを届けたい。

そんな想いで、多くの人がメッセージを送り夜空に輝くランタンを想像するだけで涙が出ます(*^^*)

ぜひ成功する事を祈っています(^^♪

  

 

そして今日このブログを書いている理由は、告知の他にもう一つあります。

それは

このイベントを運営する側の人の想い

を伝えたかった!という事です。

 

イベントがあるのは知っている。

サイトを見れば何をやるかは大体わかる。

 

けど!それじゃもったいないっす( `ー´)ノ

 

先日、運営事務局の〝片P〟こと〝片岡誠司〟さんにオンラインで突撃インタビューさせていただきました(^_-)-☆

そこで色々な事を語ってくれた片岡さんには本当に感謝しています(*^^*)

f:id:bookbird:20210129011411p:plain

 

普段は、美容室を経営されている片岡さん。

 

私は率直に尋ねました。

 

私「昨年のオンライン夏祭り、今年のオンライン冬景色と開催をしたいと思った理由を教えてください」

 

…最初の質問としては定型文で始めたのが完全に間違いでした。

片岡さんから語られた内容は思っていたよりもストーリーが深く、このブログでは書ききれません!

(なので別途この辺のストーリーをブログに纏められたらそれはそれで価値のある記事になると思っていますので後日にします。お楽しみに(*^^*))

 

片岡さんの回答をまとめるとこのようにまとめられました。

片岡さん「コロナが悪いのか、人が悪いのか、社会が悪いのか、疑心暗鬼になったり、相互支援をしずらい状況が続いている今の日本をなんとか元気にしたい。そのためにできる事を考えた結果昨年の”オンライン夏祭り”を開くことだった」

逆にコロナが無かったらこのイベントをそもそもやっていなかったかもしれない。

そうも言っていました、実際に誰かの為を想い行動に移せる片岡さん並びにメンバーの方々は本当に素晴らしいと私は思います(*^^*)!

 

 

このイベントは、ただ実施をするだけでは無く、

〝誰かが誰かの為に〟〝自分ができる事を〟明るいエネルギーでみんなが相互支援ができるイベント

そのような言葉が合うイベントだなと、お話を聞いて思いました。

 

「オンライン?難しそう。」

「どうやってみることが出来るの?」

と様々な意見があると思いますが、分からない事があれば私に言ってください(*^^*)

 

これまでにはないお祭りの形態かもしれません。

しかし、「知らないからやらない」というのは本当に勿体なさすぎます(*^^*)

東京からでも、アメリカからでも、どこにいても、誰でも見ることが出来るこの機会を逃すのは、

〝どこでもドアを使えるのに、使わない〟位勿体ないです(*^^*)!!笑

 

是非皆さん、一度リンクをクリックしてのぞいてみて下さい(*^^*)

私も当日お手伝いをさせていただきますが、本当に楽しみです。

もう一度リンクを張っておきますね(^^♪

onlineaomori.com

 

是非皆さんと一緒にこのイベントを楽しんでいきたいです(*^^*)

よろしくお願いします(^^♪

 

 

それでは

今日も一日素敵な一日になりますように(^_-)-☆

バイバイ(@^^)/~~~

 

【募集】皆で充実した毎日を過ごしませんか(*^^*)?

f:id:bookbird:20210123134251j:plain

皆さんこんにちわ(*^^*)

 

今かお話しする事で考えた事がある!という人は今日のブログを読んでみてもらえると嬉しいです(^^♪

  • 時間があれば本とか読みたいな
  • スポーツしたいと思うけど今さら何かを始めるのはちょっと…
  • ランニングしたいけど、続かない
  • 健康に気をつけたいけど何をすればいいか分からない

 

これらについて「時間があれば」とか「その内やろうと思ってた」と言って後回しにしている物はありませんか(*^^*)?

 

私自身ゲームがすんごく大好きで平気で8時間ゲームができてしまうほどのゲーム好きなのですが、読書を始めて少しづつ自分を磨いていく上で習慣が変わってきました。

①読書を始めて

②バドミントンクラブを始めてみて

③格好いい父ちゃんになる為に「ダイエットしなきゃ」と思い立ちランニングが習慣になった

エッセンシャルオイルとそのメーカーに感銘を受け実践してみた

など、今あげた4つの事に関して始めてみました。

 

最近周りの人に言われるようになってきてすごい嬉しい事があるのですが、

「頑張ってるね(*^^*)」

「色々やっていてすごいね(*^^*)」

と言われる事が少しづつ増えてきました(^^♪

本当に〝見ていてくれる〟という事だけでこれだけ嬉しい物なのかと感じたほどです。

 

しかしその一方でこのような事を言う方もチラホラいらっしゃいます。

「活字とか苦手で…」

「今さら新しいスポーツを始めるのはちょっと…」

「走りたいけど疲れるのは苦手」

「どんな製品を使えばいいか分からない」

自分はバドミントンを高校の時からやっていてドハマりしていたので、スポーツに関しては問題なかったのですが、その他3つについては後から始めたものでした。

 

始めた理由は様々ですが、どれも根本としては同じで

〝より良い自分になりたい〟この一点でした。

そして一つづつ習慣を増やしていって感じたことが一つあります(*^^*)

 

それは、

  • 自分に自信が持てるようになり
  • 人に対して明るく接する事ができるようになったり
  • 体調を崩すことが少なくなったり
  • 仕事を楽しめるようになった

沢山のメリットがありました(^^♪

 

やはり昔から言われている「○○をやる事は良い事だ」と言われていた読書や運動など、先人の知恵は間違っていなくてどれも〝より良い人生〟をコーディネイトしてくれます。

 

 

そこで私、考えました。

 

『いつかやろうを一緒にやろう!』というスローガンの元

〝一緒に〟活動をするコミュニティを作ろう!

 

プラットフォームも何も考えてないですが、これはやる意義がある!と思っていますし、友人に話をした時にも「それ面白そう(^^♪」という話も頂けているので実行に移したいと思います。

 

 

ここからがタイトルにある【募集】の内容です。

これから進め方、運営方法については考えますが、私が考えている活動内容は以下の通りです。

※コロナの影響が落ち着いた場合に開始できるものもある為、参考程度に見てみて下さい(^^♪

読書部門

月一でオンラインまたはオフラインで読書会を行う。

読書会とは、読書した内容をメンバー同士で紹介し合い知見を深める。この際に本を読んでなくても内容に興味がある方は参加可能

スポーツ部門

チームメンバー内でスポーツを一緒に楽しむ

私が運営しているバドミントンクラブに参加してもらったり、メンバーの方がスポーツをしていれば一緒に参加して様々なスポーツを一緒に楽しむ。 (ちなみに私は野球とバドミントン以外は全くのど素人です。笑)

ランニング部門

定期的にメンバーと一緒にランニング

定期的にスケジュールを組み、チームメンバーと一緒に走る事で〝楽しく〟と〝習慣化の手助け〟を可能にする。

健康部門 

お茶会やミーティングを通してメンバーの〝健康情報〟を共有

私は現在睡眠はもちろんの事、エッセンシャルオイルによる癒しや健康予防だったり、栄養素の定期的な摂取をし始めて効果を確認しながら楽しんでいる所なのですが、それら各自の情報を共有する事で知識を広める。

ざっと考えているのがこんな感じです(*^^*)!

 

どれか一つだけでもいいと思っていますし、全部を一緒にやる人がいてもいいと思っています(^^♪

 

何が良い所かというと、このオンラインの時代であえて〝一緒に〟やるという事。

どんな情報もネットで集められ、コロナによる3密回避が進んでいる中コミュニケーションの場が圧倒的に減ってきた最近ですが、個人個人に焦点を当てると

「実行している人」

「実行したけど、一歩目が踏み出せない人」

「興味がない人」

と別れているように思います。

 

私はそんな「実行したいけど、一歩目が踏み出せない人」の可能性を後押ししたい(^^♪!

本当に自信が付いてくると毎日が充実して楽しくなってきます(*^^*)

これは保証しますムリに毎回参加しろという押し付けもしませんし、何なら子供同伴でも楽しめるよう工夫をしていくやり方を考えるつもりです。

私自身子供二人を抱えていつも行動しているので、「無理なく一緒に楽しめる」そんなコミュニティが作れたらと思っています。

 

是非考えてみて下さい(*^^*)

連絡方法は何でも構いません。

Facebookfacebook.com/takashi.takagi.399

Instagram:@tkg_tks

このアカウントを辿ってDMして貰っても構いませんし、LINEを知っている方は直接連絡をしていただいて結構です(*^^*)

 

 

皆さんと一緒に楽しめる事を心待ちにしております(*^^*)!

 

それでは

今日も素敵な一日になりますように(*^^*)

バイバイ(@^^)/~~~

2021年1月21日 ~嫌われる勇気で学んだ対人関係において『私にできる事』~

皆さんこんにちわ(*^^*)

 

”嫌われる勇気”という本が2013年に発売された自己啓発本ですが皆さん読みましたでしょうか(*^^*)?

 

この本は私が影響を受けた本の一つであるのですが、前に書評ブログも上げています(^^♪

詳しい説明はこのブログを読んでみて下さい(^_-)-☆

 

www.funtomyself.com

 

改めて、この本について『私がこの本を読んでで変わった事』について書いてみたくなったのでブログにする事にしました。

 

では早速本題に入りたいのですが、

まずこの本で言いたい事は〝この本は嫌われる方向に自分を変える本ではない〟という事を薦めている本ではありません。

 

じゃあこの本は何をする為の本なのかというと、『アドラー心理学』をベースにした対人関係の考え方についてのアドバイスです。

 

アドラー心理学では過去の「原因」ではなくいまの「目的」を考えます。

 

これは、難しい事では無くて言葉を変えると、〝あなたがどうしたいか〟という事になります。

 

何かイライラする時に私たちは、「怒る」という行動をとってしまいがちですが、アドラー心理学ではこれは「私が怒りたいから怒っている」と考えるそうです。

 

イライラしたから怒る!ではなく怒りたいからイライラしている!という話です。

 

意味が分からないですよね(*^^*)笑

本を読んで行くと対話形式で語られていくのですが、正直言葉で説明するより読んで貰た方が良いのでこの部分は割愛します(*^^*)笑(なんだよ!という声が聞こえます( ;∀;)笑)


 

では、どうすればイライラしずらくなるか、正確にはイライラしても〝怒らない〟という選択ができるようになるか。

 

これについて私が学んだ事をお話しさせていただきます。

それは『課題の分離』というテクニックです。

課題の分離とは「私とあなたの問題はお互い別問題である」という事です。

意地悪をされた場合に考える事は通常であれば『不快感』という気持ちを感じてしまうかもしれませんが、この時に「ちょっと待てよ、、、」と一旦考え「もしかしたら、相手は嫌な気持ちだったのでは?」と考える事で怒るという選択肢を取らなくてよい上に相手を思いやることが出来るのです。

 

これは私の場合対大人に対してはもうほとんど対応できていて、ここ5年のうちでひとに怒った事がありません。もちろん怒られるようなことはしてしまっていますが、それでも人に怒った事がないという感覚は中々できるものではないと自覚しています。

 

しかし、対自分の子供に対してはまだまだ怒ってしまいます。

これは対人というよりは対自分に対してイライラして子供達に当たっている節が強いからです。(わかっているけどうまくコントロールできていない自分が恥ずかしい)

 

 

とにかく、対人関係で大事なのは『私には何ができるか』を選択する事。

流れに任せて「怒り」を創り出してもあまり効果はありません。その事は一つ考えてみたら面白いかもしれません(^^♪

 

文字起こしをするのは中々難しいですが、本当に役に立つ一冊なので皆さんも是非読んでみて下さい(^_-)-☆

 

それでは今日はこの辺で終わりたいと思います。

明日も素敵な一日になりますように(^^♪

バイバイ(@^^)/~~~